みんなのために|ポジティブな考え方|生前整理をする意義を問う

ポジティブな考え方|生前整理をする意義を問う

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなのために

ウーマン

捨てるだけではありません

生前整理というのは、元気なうちにご自分のことに整理をつけることです。ほとんどの方は、亡くなった後に不要となるものを生前に処分することをイメージされますが、決してそれだけではありません。生前整理の意味には、ご自分の財産など、相続できるものを整理することも含まれます。また、借金についても整理しておく必要があります。住宅ローンなどは団信によって返済不要になることが多いですが、自動車ローンなどは一般的な借金であり、残っている方も少なくありません。また、加入している保険や、口座を開設している銀行などの情報、さらに、株取引などを行なっている方は証券口座の情報や連絡先など、すべてをまとめておく必要があります。

家族のためと自分のため

生前整理は、遺される家族にとっては、少しでも早く生活の目処を立たせるために必要なものです。家族が亡くなると、遺産相続や保険の請求、さらには銀行口座の解約など、非常に多岐に渡る手続きが待っています。それらを整理しておくことで、どこに手続きをすれば良いかが明確になり、手続きがスムーズに進みます。また、遺品整理に関しても、生前整理をしっかりと行うことで必要なものと不要なものを容易に判別できます。さらに、どうしても家族に見られたくないものは、事前に処分するか、処分方法を示して保管することをおすすめします。生前整理は、遺される家族のためでもあり、ご本人のためでもあります。ぜひ、前向きに検討されることをおすすめします。