終活を始めよう|ポジティブな考え方|生前整理をする意義を問う

ポジティブな考え方|生前整理をする意義を問う

このエントリーをはてなブックマークに追加

終活を始めよう

ダンボール

今からできるエンディング

人は誰でも最期には死んでしまう生き物です。ですが、その人が生きて生活した場所やものは残ります。残された家族で遺品を整理してその中から思い出の品を手元に置いておくというのが、一般的でしたが最近では、忙しく整理がままならないご遺族も多いようです。遺品整理を主に行ってくれる業者までニーズが高まってきています。そんな中、生きている間に自分で自分の所有物を整理する「生前整理」という言葉がシニア世代で話題になっています。生前整理とは、生前に自身の身辺を整理しておくことを指します。先ほどにも挙げた遺品整理は実は非常に時間も費用も掛かるので、残された遺族のためにも体の動く今から行う活動が増えています。また自分自身も幸せな余生を過ごすために行う人も多くいます。

整理はものだけじゃない

いらないものは今のうちに捨てておく、大事なものは集めておく、というのが生前整理です。ですが、生前整理は決して「もの」だけではありません。例えば、家も生前整理するひともいます。家を整理するのは非常に抵抗があります、自身が建てた家なので誰にでも愛着があります。しかし空き家の管理や税金問題、廃屋になった際の建て壊し費用など一番金銭的に負担がかかるのが家です。そういったおおきな決断を下す人もいます。さらに物的ではないものも整理します。それは心です。気持ちを整理して、思い出の品は誰に譲ってほしいか遺産に関してなどエンディングノートや遺言書に書き記すのも生前整理の一つです。生前整理は、もちろん残された家族が困らないためにありますが自分のためにもあるのです。